最先端のITの動向をエンジニアの視点で深く掘り下げこれからの未来を展望していただくのが、InfoQJapan主催のQCon Tokyoというカンファレンスの目的です。

その観点で、今年は、『日本のITを強くする』をテーマに「組込み カテゴリクラウド カテゴリビッグデータ/分散技術 カテゴリモバイル/HTML5 カテゴリアジャイル/モデリング カテゴリ」の5つのカテゴリで講演・パネルをご提供いたします。

 

タイトル

QCon Tokyo 2013

開催日時 2013年4月23日(火)
開催場所 JA共済ビル カンファレンスホール
交通アクセス ■最寄駅
東京メトロ有楽町線、半蔵門線、南北線「永田町駅」4番出口 徒歩2分
http://www.jankb.co.jp/conference-access.htm
主催 InfoQ Japan
共催 InfoQ.com
参加対象

IT関連企業、ユーザ企業に所属する、ソフトウェア開発のテクニカルアーキテクト、上級システムエンジニア、プロジェクトマネージャの方

参加人数 150名

組み込み カテゴリ

■概要

日本の製造業を強くしグローバルで戦えるようにするための技術を取り上げます。

ファブラボや3Dプリンタ、プロトタイピングやアジャイルな次世代製造業の新しいカタチをご覧いただきます。組込みプラットフォーム用の新しいOSや身体の振る舞いを通したUIの可能性、形式手法やモデリング技術の適用の可能性などを、組込み/製造業/エンジニアリング技術という観点で解説していきます。


クラウド カテゴリ

■概要

クラウドは既に主要なITインフラとなりました。しかしクラウドの導入においては、SaaS/PaaS/IaaSといったサービス形態、パブリック/プライベート/ハイブリッドといった配置種別など、計時に考慮するべきポイントが多数あります。そこで本トラックでは、Webサービスや業務システムといった導入事例を交えながら、クラウドを適切に活用する方法を紹介します。オンプレミスとは異なるクラウド固有の設計、アーキテクチャ、運用方法に関する情報を提供します。


ビッグデータ/分散技術 カテゴリ

■概要

ソーシャルメディアの台頭と共に、ビッグデータというキーワードが注目を浴びています。

ビッグデータを活用するには、データの収集・永続化・加工処理などすべての面において分散処理が必要となります。本トラックでは、今注目されている分散処理の最新情報について様々な分散処理基盤を紹介し、事例を交え紹介していきます。


モバイル/HTML5 カテゴリ

■概要

PCとスマートフォンに続き、タブレット端末の本格的な普及が目の前に迫り、3スクリーン対応を視野に入れたアプリケーション開発を真剣に考える必要が出てきました。異なる解像度への対応には、HTML5の様な開発技術の活用のみならず、サイト/サービスに必要とされる情報アーキテクチャの構築/設計を身につけることが不可欠になるでしょう。

本トラックでは、インフォーメーションアーキテクチャとHTML5をテーマに、これからの3スクリーン対応に不可欠なスキルとナレッジを解説します。


アジャイル/モデリング カテゴリ

■概要

ようやく現実味を帯びてきたドメイン駆動開発DDDですが、まだまだ基本的な考え方も実践する際の注意点も共有できていません。このトラックでは、アジャイル開発プロセスの観点から、コーディングスタイル、モデリング、NOSQLデータベースによる実現、という3つのテーマでアジャイルとモデリング の最新状況をご紹介したいと思います。

QCon Tokyo 2013 は終了いたしました。
多数のご来場誠にありがとうございました!


Twitter


日経コンピュータ、日経SYSTEMS
年間購読プレゼント!

QCon Tokyo2013にご来場いただいた方の中から 希望者全員に「日経コンピュータ」(通常19,800円)、 「日経SYSTEMS」 (通常13,800円)の年間購読を無料にてプレゼントいたします。


SPONSOR
日本マイクロソフト株式会社
日本セーフネット株式会社
日本アイ・ビー・エム株式会社
インテル株式会社

SPONSOR
グレープシティ株式会社
アトラシアン グロースエクスパートナーズ株式会社
株式会社クラウドワークス

SPONSOR
日経SYSTEMS日経コンピュータ
oreilly
oreilly