Paul King


Patrick CurranTop Groovy Committer
“Groovy In Action” 共著者

Paul King は情報通信業界における技術から経営までの幅広い経験があります。また、革新的であり、組織への新技術やプロセス導入をアシストすることもしばしばです。15年以上オープンソースプロジェクトに携わり、国際基準に貢献し、研究が表彰されました。国際会議での講演も積極的に行っています。
専門分野はJava、Java EE、Springやアジャイル開発などの軽量フレームワーク、オープンソーステストツール、XML、Webサービス、およびGroovy等のダイナミックランゲージです。
Kingは、Groovy Committerであり、"Groovy In Action" の共著者でもあります。

セッション内容

How to make your testing more Groovy Alternate

本セッションではダイナミックランゲージの特徴、特にテストDSLクリエイションをサポートする機能に注目します。テストDSLで書く顧客テスト向けのフレームワークについてみてみましょう。EasyB,Spock, JBehave, Robot Framework, Cucumber, Slimなどのフレームワークを対象にし、さらにツールを超えたテストアプローチも検証します。



QCon Tokyo 2010 は終了いたしました。