中村輝雄

SecureOnline 主席アーキテクト

Teruo Nakamura

1983年京都大学数学科卒業、日立ソフト入社。Lisp処理系の開発に従事。
90年英国エディンバラ大学人工知能学科で修士号を取得。
帰国後、インターネット、Javaビジネスを推進。Java、Webの将来性を早くから見極め、JavaコンソーシアムやEJBコンソーシアムの設立に深く関与。自らも、ネットワークコンピュータの開発やECサイト構築パッケージの開発に従事。
2005年4月より全社戦略を練る総合企画本部本部長。06年8月よりセキュリティサービス本部本部長に就任。07年1月に国内初のクラウドセンタSecureOnlineを立ち上げ、VMを月額レンタルで提供するサービスを開始。

セッション

タイトル:VMばかりが注目されるクラウドだが、実はVMへのアクセス手段が最も重要!

講演者:中村輝雄(SecureOnline 主席アーキテクト)

クラウドと言えば、膨大な数のVMを用意して、分散したサーバの統合や手元のPC環境を仮想クライアントに集約することで注目を浴びています。
しかし、みなさんがあまり気付いていない課題として、そうしたクラウド内のVMにネットワーク越しにどのようにアクセスするのかがあまり語られていません。
通常は、クラウドのVMから社内システムへはアクセスできないのです。本講演では、それを解決するための我々の取り組みについてご説明します。


title
message
sub message