Henrik Kniberg

Author of the InfoQ Book 「Scrum and XP from the trenches(邦題:塹壕よりScrumとXP)」

Henrik Kniberg

Henrik Knibergは、ストックホルムにあるCrisp社でアジャイルとリーン開発のコーチを務めています。彼は、ソフトウェア開発の技術面と人的な面との両面で、会社の成功を手助けすることを楽しんでいます。
ここ10年の間、彼は3つのスウェーデンのIT企業のCTOを務め、そして、さらに多くの企業がアジャイルとリーンソフトウェア開発をはじめる事を、手助けしてきました。また、認定Scrumトレーナーとして、Scrumの創設者のJeff Sutherlandと共に、定例のトレーニングとコーチングを行っています。
彼の本「Scrum and XP from the Trenches」は読者が10万人を越え、7つの言語で訳され、このトピックのもっとも人気のある本の一つになっています。
彼は、昨年、2つの国際的なカンファレンスから「best speaker」の賞をもらった、経験豊かな講師でありスピーカーです。
プロフィール:http://www.crisp.se/henrik.kniberg
Scrum and XP from the Trenches
塹壕よりScrumpとXP

セッション

タイトル:アジャイル開発を始めるために -実例で得られた知見から-

講演者:Henrik Kniberg (Author of the InfoQ Book 「Scrum and XP from the trenches(邦題:塹壕よりScrumとXP)」)

何事も始めることが一番難しい:企業全体であろうとも、ひとつの開発チームであろうとも。これら各々は固有の面があるものの、有益なパターンやテクニックは確実に存在する。
本講演では、アジャイル開発を始めた2つの企業を取り上げ、そのアプローチを検討する。どのような状況であったのか、何が開発プロセスの変更を決断させたのか、まず何から始めたのか、導入過程でどのような問題に直面したか、それらをどのように解決したのか等のキーポイントを検討していく。
アジャイル開発に未経験の方だけではなく、実際に適用されている方にも、バリュー・ストリーム・マップや根本原因解析といった、多くの場面で適用できる有効性の高いパターンをご理解いただきたいと思う。

※同時通訳が付きます。


title
message
sub message