平鍋健児

アジャイルプロセス協議会副会長

Kenji Hiranabe

株式会社チェンジビジョン代表取締役社長、株式会社永和システムマネジメント副社長。
1989年東京大学工学部卒業後、3次元CAD、リアルタイムシステム、UMLエディタJUDEなどの開発を経て、オブジェクト指向技術、アジャイル型開発の実践する「見える化」コンサルタント。「ハート駆動型コミュニケーション」をモットーに,人に感動を与えられるコンサルタントを目指している。
著書「ソフトウェア開発に役立つマインドマップ」
翻訳「XPエクストリームプログラミング導入編」、「リーンソフトウェア開発」、「アジャイルプロジェクトマネジメント」など多数。

セッション

タイトル:現場力を高める見える化手法プロジェクトファシリテーション
             〜モチベーションアップのツールと場づくり〜

講演者:平鍋健児(アジャイルプロセス協議会副会長)

近年のソフトウェアの短納期化・高品質化に対する要求へ応えるには、工学的手法のみでは限界があります。ソフトウェアは、人が人のために作るものであり、チームが情報を共有しながら課題解決するためには、現場力が必要です。
この講演では、アジャイル開発とトヨタ生産方式からヒントを得た見える化手法を使って、現場のモチベーションを高め、活性化することで生産性を伸ばす「プロジェクトファシリテーション」を、実践方法を交えてご紹介します。


title
message
sub message