Randy Shoup

eBay Architect

Randy Shoup

Randy Shoupは、現在、eBay社のDistinguished Architectであり、2004年からeBay社の検索インフラの主任アーキテクトを務めています。彼は、分散コンピューティング、非同期プロセッシング、マシン・ラーニングの分野に興味を持っています。
eBay社以前には、Tumbleweed Communications社のチーフ・アーキテクト、テクニカル・フェローを務め、セキュリティのためのスケーラブルなサーバ・ソフトウエアの開発を行っていました。また、Oracle社やInformatica社で、種々のソフトウエア開発やアーキテクトの役割を担い、データ・ウエアハウスや多次元解析を担当していました。
彼はStanford Universityで数学とコンピュータサイエンスの理学士、政治学の学士を得ています。

セッション

タイトル:大規模ウェブサイトのベストプラクティス -eBayでの事例-

講演者:Randy Shoup (eBay Architect)

世界最大のECサイトの一つであるeBayは、これまで、数多くのスケーラビリティや可用性の問題に直面してきました。本講演では、eBayがそのシステムを大規模かつ365日稼働可能のものへと拡大・進化させてきた過程で習得してきた、アーキテクチャ面と運用面でのベストプラクティスを解説します。これには、すべての大規模システムに要求されるスケーラビリティ、可用性、運用性といった種々の観点が含まれます。これらに対応すべく、パーティショニング、非同期性、リカバリー、自動化といった現実の世界での対応策を一連のベストプラクティスとして解説します。さらに、これら個々のベストプラクティスをどう利用するのかを、eBayのシステムを例として説明します。


title
message
sub message