| 開催概要 | プログラム | 参加登録について | Engineer Track |
QCon Tokyo 2016 参加登録


Platinum Sponsor

日本マイクロソフト株式会社
Gold Sponsor

グロースエクスパートナーズ株式会社
Booth Sponsor


Logo Sponsor


Media Sponsor




※通訳や機材・会場の都合で、セッションの時間帯、セッション内での講演の順番等は予告なく変更になることがございますので予めご了承ください。


セッション1(13:30-14:20)

村上 和彰 (Kazuaki Murakami)
株式会社豆蔵 
最高科学技術顧問 国立大学法人九州大学 名誉教授

プロフィール:
1960年 熊本出身。
1984年 京都大学大学院工学研究科情報工学専攻修士課程修了。京都大学博士 (工学)。
1984年 富士通株式会社入社、本体事業部にて汎用大型計算機Mシリーズのアーキテクチャ開発に従事。
1987年 九州大学工学部助手、1994年 助教授、2000年 教授。一貫してコンピュータシステムアーキテクチャの教育研究に従事。
2004年~2008年 九州大学情報基盤センター (現 情報基盤研究開発センター) センター長、2007年 九州大学情報統括本部を設立 初代本部長 (~2008年)。
2000年より財団法人九州システム情報技術研究所 (ISIT) 第1研究室長兼務、2008年より公益財団法人九州先端科学技術研究所 (ISIT) 副所長兼務。
2007年~2015年 文部科学省情報科学技術委員会委員、2010年より文部科学省HPCI計画推進委員会委員。
2013年 ビッグデータ&オープンデータ研究会 in 九州 (BODIK) 設立 初代代表。
2015年末 国立大学法人九州大学を早期退職。
現在 九州大学名誉教授、株式会社あしたの学びLab社長、株式会社チームAIBOD技術顧問、ISIT副所長、株式会社豆蔵最高科学技術顧問、BODIK代表、Fisdomエバンジェリスト、情報処理学会フェロー。

 

>>セッション内容

 

講演タイトル:
人工知能破壊をどう起こすか?

概要:

AIのビジネス活用をリードしていくためのキーワードを、国内外の考え方や技術の話を交えながら、様々な視点で解説します。





≫BTT プログラムページへ

 

 

 






■お問い合わせ先

QCon Tokyo 2016 運営事務局(株式会社ピーク・ワン内)
E-mail:qcon@peak-1.co.jp Tel:03-5577-3368