| 開催概要 | QConについて| プログラム | 参加登録について |
QCon Tokyo 2016 参加登録


Platinum Sponsor

日本マイクロソフト株式会社
Gold Sponsor

グロースエクスパートナーズ株式会社
Booth Sponsor


Logo Sponsor


Media Sponsor



※通訳や機材・会場の都合で、セッションの時間帯、セッション内での講演の順番等は予告なく変更になることがございますので予めご了承ください。


14:35-15:25

Sid Anand

現在Agari社データアーキテクト


プロフィール:

Siddharth “Sid" Anandは何百万人も訪れる大規模なWebサイトの構築とスケーリングに関する深い経験を持つソフトウェアアーキテクトです。Etsy社のエンジニアリング部門 前VP,LinkedIn社のサーチアーキテクト、Netflix社のクラウドデータアーキテクトの経験があります。

 

>>セッション内容

 

講演タイトル:
クラウド・ネイティブなデータ・パイプライン
Cloud Native Data Pipelines


概要:

ビッグデータ企業(LinkedIn, Facebook, Google, Twitterなど)は過去ずっと独自のデータセンター上にデータパイプラインを構築してきました。データセキュリティ、フォールトトレランス、コストの制御、ジョブのスケーラビリティ、ネットワークトポロジー、処理とメモリの配置等の厳しい要求に答えるために、独自の技術的な工夫を重ねてきたのです。ところが最近は、ビッグデータを扱う多くの企業のニーズを、いくつかのパブリック・クラウドベンダーの1つを選んでそこに統合するという動きが始まっています。パブリック・クラウドによって業界はどう変化するのでしょう。特に、クラウドのベストプラクティスとビッグデータ技術をいかに効果的に融合することができるのでしょうか。eメールのセキュリティ会社であるAgari社は、ビッグデータのベストプラクティスをセキュリティ業界とクラウドの両方に適用することで、eメールベースの脅威に対抗することを可能にしています。これはAWSクラウド上でバッチとストリーム処理の予測可能データパイプラインの技術によって実現しているのです。この講演では、この技術のアーキテクチャ構成のベストプラクティスについてお話しします。





≫ET プログラムページへ

 

 

 






■お問い合わせ先

QCon Tokyo 2016 運営事務局(株式会社ピーク・ワン内)
E-mail:qcon@peak-1.co.jp Tel:03-5577-3368